東京オートサロン2020へのご来場、ありがとうございました!

TOKYO AUTO SALON 2020の速報ムービー公開中!

2020 TOKYO AUTO SALONにて弊社ブースへのご来場、ありがとうございました。 また、同時開催された東京国際カスタムカーコンテストにて展示致しました『SUPREME 90』が、ドレスアップカー部門において優秀賞を獲得。昨年度受賞した『MAGNUM OPUS R35 GT-R』に引き続き、5年連続の受賞となりました。またGAZOOサイトにて、『勝手にガズーAWARD スープラ部門』においてグランプリを受賞致しました。 弊社展示車両に投票して戴いた皆様、厚く御礼申し上げます。2020年度もエアロパーツを中心に新製品を開発予定です。今までラインナップされていない車種にもチャレンジしていきます。ご期待ください。

バリスブース展示車両

SUPREME 90

開発コンセプトは、バリスらしく『機能美』の追求。GRスープラを大胆かつグラマラスに仕立て上げる為、ワイドボディ化を実現。RAYS製鍛造ホイールを装着し、タイヤもTOYO TIRE製Sタイヤを装着。フロント75㎜、リア85㎜と拡幅されたフロント・リアフェンダーが特徴です。元々の丸みを帯びたデザインをシャープさを取り入れ、ワイドボディキット専用のカナードやリアディフューザー、そしてクーリングボンネットと機能を追求したパーツも装着されています。GTウイングには、まだ試作段階でもある『ラージピッチカーボン』を採用し、製作。軽量化と高剛性に大きく貢献します。

エアロパーツの価格はこちら

VARIS×ORIGINAL RUNDUCE GR SUPRA

サーキットタイムアタック、ストリートクラスで毎年デモカーを製作するORIGINAL RUNDUCE様のGRスープラを展示。エアロパーツは純正のデザインをそのまま生かしたARISING-1を、ブレーキKITはORIGINAL RUNDUCEブレーキKITを装着。ノーマルボディにてタイムアタックを予定しています。ノーマルボディ専用のリアディフューザーやカナードを設定。クーリングボンネットは、ダクトを追加し、見た目だけでなく機能をも追求。GTウイングは、新設計のストリートを意識したデザインを採用し、製作。専用のマウントブラケットもラインナップに含まれます。

エアロパーツの価格はこちら

SUPREME JZA80

2018・2019年東京オートサロンに展示した『SUPREME JZA80』を再度リメイク。『ロスマンズカラー』に変貌し、多くのお客様に称賛を戴きました。スペックも昨年同様Vマウント化で、今回はさらにパドルシフトを搭載。また、カラーリングだけでなく、エアロパーツも追加ラインナップ。専用のGT-WINGやカナードを装着し、サーキット走行を見据えた仕様にて展示致しました。装着されたホイールもRAYS VOLKRACING TE37Vを装着。JDMにこだわった1台です。

エアロパーツの価格はこちら

MAGNUM OPUS SKYLINE 400R

2019年発売された新型車の中でも話題となったGRスープラ…そのライバル車として比較されることが多いSKYLINE 400Rをマグナムオーパスブランドにて発表しました。ストリートでの使用を考慮し、純正のデザインを大きく崩すことなくデザイン。素材もカーボンを使用し製作され、スポーティーに演出しました。チューニングカーのベースとしても注目されている400R ですが、『最高傑作』を意味するマグナムオーパスのエアロパーツを纏うことで、速くてかっこいい大人の400Rへと変貌します。


CIVIC TYPE-R ARISING-2

2019年SEMA SHOWにてフロントバンパーを発表しましたが、東京オートサロンではフロントバンパーの他にサイドスカート、GT-WINGと発表致しました。フロントバンパーにはエンブレムベースやインタークーラに走行風を導くシュラウドが付属され、オプションパーツとして専用のカナードや、リップガードが設定され見た目だけでなく機能を追求。サイドスカートも2PCS構成とし、フロントバンパー同様、アンダー部はカーボン素材を使用。GT-WINGは新規設計された『for street Ⅱ』を装着。車種専用のマウントブラケットも付属されます。

エアロパーツの価格はこちら

MAGNUM OPUS R35 GT-R ’19Ver.

2019年東京オートサロンでは『’19 Ver. CHOPPED CARBON LIMITED』を発表。素材を『CHOPPED CARBON』を使用し、ドレスアップカー部門、優秀賞を獲得。今回はエアロ形状はそのままに、カーボンを3K CARBONを使用し、展示致しました。また、CHOPPED CARBON仕様はフルキットのみの注文で数量限定の販売ですが、こちらは単品での購入も可能。前期型・中期型問わず装着が可能となります。フロントのみワイドフェンダーを装着し、前後285サイズのタイヤも装着が出来、機能美を追求したマグナムオーパス(=最高傑作)の名に相応しい、風貌です。

エアロパーツの価格はこちら

VARIS×ORIGINAL RUNDUCE WRX Circuit Ver.

2019年東京オートサロンにて展示した同車両ですが、2019年1月に開催された筑波スーパーバトルでは、VAB WRX STIでラジアルタイヤにて『59‘352』を記録。VAB WRXとしてラジアルタイヤ最速タイムを樹立しました。エアロパーツもワイドボディKITが装着され、ダウンフォースを考慮したフロントディフューザーやリアディフューザーを装着。ボンネットは前置きインタークーラー化に対応したクーリングボンネットを装着。見た目の派手さだけでなく、機能を追求した車両です。

エアロパーツの価格はこちら

VARIS VW GOLF 7R / Solid&Joker VW GOLF 7GTI

2019年東京オートサロンにて発表したエアロパーツのラインナップにフロントワイドフェンダ―が追加されました。見た目の迫力だけでなく、アンダーステア解消にも大きく貢献し、機能を兼ね備えたワイドフェンダーです。7R は、クーリングボンネットやカナードも軽量化だけでなく熱対策やフロントのダウンフォースを考慮してデザインされたエアロパーツです。7GTIは、遊び心をも兼ね備えたSolid&Jokerブランドよりエアロパーツをリリースしていますがこの車両を製作/メンテナンスするショップ、『Shadow in the Knack Yard 』様とタイムアタックを計画中です。今後もサーキット走行をも考慮したVW GOLF用エアロパーツをリリースする予定です。

エアロパーツの価格はこちら VW GOLF 7R

エアロパーツの価格はこちら Solid&Joker JZA80 SUPRA