2018 VARIS TOKYO AUTO SALON レポート

2018 TOKYO AUTO SALONにて弊社ブースへのご来場、ありがとうございました。
今年は過去最高台数のデモカーを製作し、展示させていただきました。 その中の1台『SUPREME JZA80』は、同時開催された東京国際カスタムカーコンテストのチューニングカー部門において、優秀賞を獲得。 一昨年の『神風R』 、昨年度受賞した『86 神風』に引き続き、3年連続受賞という快挙を成し遂げることができました。受賞した『SUPREME JZA80』をはじめ、弊社展示車両に投票して戴いた皆様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。 この受賞を糧として、2018年度もエアロパーツを中心に新製品を開発予定です。
また、弊社が母体とするショップ『Hurtling』社も独自スタイルを取り入れたカスタムにチャレンジしていきます。ご期待ください。


バリスブース展示車両

SUPREME JZA80

GARAGE REVOLVERがトータルプロデュースをしたJZA80 SUPRAをベースにデモカーを製作。エアロパーツはHurtling社とコラボレーションして製作。片側70㎜ワイド化され90年代の名車を現代の技術で復刻させる。【Legendary 90S Series】として第1弾のエアロパーツを発表しました。 今後は燃料タンクやクォーターパネルの字加工を必要としないリアフェンダーやディフューザーを開発し、発表致します。

エアロパーツの価格はこちら

MAGNUM OPUS R35 GT-R ’18MODEL

昨年度オートサロンにてデビューしたMY17をベースとして、フロントフェンダー及びリアフェンダーを製作。 マグナムオーパスの由来となる最高傑作をコンセプトとし、派手過ぎず主張するエアロパーツを装着し、展示致しました。 片側25㎜ワイド化されたフロントフェンダーは前後同サイズのタイヤホイールを装着するための物。機能美の追求にこだわり、デモカーを製作しました。

エアロパーツの価格はこちら

VAB WRX WIDE BODY

既に発売しているARISING-2エアロパーツをベースとして、フロントフェンダー及びリアフェンダーや専用のフロントスポイラーを製作。 オリジナルランデュース社のデモカーに装着し、今後タイムアタックに挑みます。 片側60㎜ワイド化された前後フェンダーによりトレッドを拡大。安定した走行性能やダウンフォースの向上を追求するとともに かっこよさにもこだわったデモカーです。

エアロパーツの価格はこちら


EVO10 Ver.2 WIDE BODY

2017 SEMA SHOWにてデビューしたEVO10 Ver.2 WIDE BODY KITを装着した車両を、そのまま空輸して展示。製作したのはUSA/ Bullet Proof Automotive社で700PSをもたたき出すデモカーです。 既にバンパーやサイドスカートを装着されている方でも、同様にワイドボディ化ができるようパーツ構成を設定。 70㎜ワイド化された前後フェンダーや専用のフロントスポイラーはSTREETでの扱いやすさも考慮したデザインとなっています。

エアロパーツの価格はこちら

CIVIC TYPE-R

2017年にデビューしたばかりのFK8 CIVIC TYPE Rのデモカーを急遽製作し、展示いたしました。 既に純正のデザインも完成度が高く、エアロパーツのデザインも難しいのですが、新たに純正のイメージを崩すことのない機能を考慮したエアロパーツを開発。 ボンネットは純正のクーリング機能を損なうことなく、バリス流にさらにアップデートしたデザインを採用。 フロントスポイラーやウイングをもカーボン製の設定としてラインナップしています。

エアロパーツの価格はこちら

VAB WRX STI (D)

2017 にマイナーチェンジしたばかりのVAB WRX STIアプライドD型をベースにデモカーを製作し、展示いたしました。既に販売しいている前期型のARIING-1エアロパーツをメインに、新作となるフロントスポイラーやエクステンションLIPを発表。ボンネットやGT-WINGをも装着し、STREET~サーキットまでをもターゲットとされたエアロパーツを装着しています。フロントフェンダーは片側8㎜ワイド化ではありますが、クーリング効果を追求したデザインを採用しています。

エアロパーツの価格はこちら


Hurtling社も出展

VARISデモカーを長年製作してきたカスタムショップ、Hurtling(ハートリング)社も一緒に出展致しました。昨年はDC2インテグラTYPE Rと86を出展。今年は3台のデモカーを展示致しました。オリジナルアイテムとして展開している【Solid&Joker】ブランドのエアロパーツはバリスと共同で開発し、発表しました。今後弊社からも販売も致しますのでお気軽にお問い合わせください。


Hurtling社展示車両

Hurtling Solid&Joker JZA80 SUPRA

90年代から今も尚人気のあるJZA80 SUPRAをHurtling で製作。 オリジナルブランド『Solid&Joker』で展開する新作のエアロパーツは、現代のデザイン技術が盛り込まれ機能も重視。フェンダー以外のエアロパーツを新規開発しました。 デモカーは、パワーUPはもちろん見た目にも拘り、内外装TOTALで綺麗に仕上げたデモカーとなっており、今後VARISとのコラボレーション化されたワイドボディKITを装着する予定です。 デモカーはファクトリーにも随時ございますので是非弊社ファクトリーにご来店ください。

エアロパーツの価格はこちら

Hurtling Solid&Joker CT9A EVO

VARIS製Ver.2エアロパーツをベースにコラボレーションした新作のエアロパーツを発表。12K カーボン繊維を使ったフロントバンパーLIPや、Hurtling社でのみ対応とする12Kカーボン繊維で成型されたワンオフエアロパーツも装着。片側30㎜ワイド化された前後フェンダーにRAYS VOLK RACING TE37 SAGA、ORIGINAL RUNDUCE 社のブレーキKITも装着され、性能だけでなくビジュアルも重視。内装もロールゲージをインストールし、スパルタンに演出。カーボンルーフも12Kカーボン繊維で成型されています。

エアロパーツの価格はこちら

Hurtling Solid&Joker 86

昨年度TASで発表した86を再度リメイクして展示致しました。VARIS製エアロパーツをベースにコラボレーションしたエアロパーツを装着。12K カーボン繊維を使ったエアロパーツが目立ちます。HKS社製のSC KITも装着され、見た目だけでなく走りも重視した車両製作をしております。内装にも拘り、アルカンターラ張替えなども施工しています。これから86を弄ろうとお考えのユーザー様にお勧めのカスタムです。

エアロパーツの価格はこちら